メダカの冬越しの準備に必要なこと

Pocket

秋だと思っていたらめっきり寒くなって冬の到来を感じる今日この頃。

ふと外を見るとメダカたちが。
1784ae5843f85721edd41e984408d6a4_l
寒くない?

寒さで死んでしまうの?

室内に入れた方がいいの?

どうしたら、無事に冬を越せるの?

エサはどうしたらいいの?

我が家にはこの春から家族の仲間入りをしたメダカ達がいます。
毎朝子どもたちがメダカの様子を見るのが日課になっている我が家。

一所懸命世話をしたメダカは絶対に冬を越してもらいたい!

メダカって小さいから儚く見えてとっても心配になりますよね。

寒さの厳しい冬を越せるのか。。

そんな事が頭をよぎったので、めだかの冬支度について調べてみました。



冬の寒さで死んでしまうのか?

答えは、、NO!!!

めだかの日本での生息地域は、北は東北地方まで及びます。

つまり寒さには適応できる能力があるということです。正しく育てていれば、室外での生活も問題はありません。

自然のままのメダカは寒さの厳しい山でも越しているのですから。

ただ、メダカの体力がない時期でもあるので、気をつけるポイントを抑えて育てる事がとても大切です。

では、室外でもきちんと冬を越せるポイントをご紹介します。



ポイント1:水替えは秋のうちに行う

冬は、寒さで体力を失います。
冬の間は水換えはせずに、水を足していく方が体力も温存できてメダカも喜びます。
秋のうちに、水槽内にウイルスの媒体になるものがないかの確認、水替えを済ませておきましょう。

もう冬になってしまった!という方。陽のあたたかい日中に水替えをしましょう。



ポイント2:エサの量の調整をしましょう

18℃以下になったら、エサを減らして下さい。
14℃以下になったら、エサをあげないで下さい。

水温によって、消化がきちんとできるかどうかが変わってきます。
絶食させるのは心配かもしれませんが、消化不良なのにエサをあげると、かえって弱って体力を奪ってしまいます。また基本的に水換えはしないので、水が汚くなる原因にもなるので、気をつけて下さい。

秋から気温によって、徐々にエサの量を減らしていくのが理想的です。



ポイント3:水の量の多い水槽へ替える

体力の少ない冬だからこそ、なるべく体力を温存させたいものです。
急な温度変化を避けるため、水質の悪化を最小限に留めるためには、水の量の多い水槽へ替える事をおすすめします。

水深30cm以上のものが好ましいです。

また、周りにダンボールや発泡シチロールを巻くのは保温性も高く効果的です。



ポイント4:稚魚、老魚を分ける

冬を越すのには体力が必要です。

念のため2cm未満の稚魚、寿命の近い老魚は別の水槽へ移し、室内で飼うことをおすすめします。



この4つのポイントはメダカの冬支度には欠かせません!
必ず抑えてくださいね。

このポイントさえ抑えれば、あとはほとんど世話が必要はなく、春になるのを待つのみ。

春になれば、楽しい!嬉しい!産卵シーズンも待っています。
あなたの大切なメダカが無事に春を迎えられますように。

スポンサーリンク