インプラント治療の費用、流れ、欠点(リスク)などをご紹介

Pocket

ha

歯がなくなってしまい「インプラント治療」を勧められた方。
インプラント治療は高額ですし、体への負担も大きそうで迷っている方は少なくありません。
また、失敗例も多く聞く今日この頃。
あなたは本当にインプラント治療が必要でしょうか?
なくなった歯のために、インプラント以外にもブリッジ治療や入れ歯という選択肢もあります。

必要かどうか見極めていただく為にも、
費用から、施術の流れ、利点、欠点(リスク)について、まとめました。

インプラント治療の流れ
nagare
インプラント治療は具体的に何をするのか流れとともに説明します。

①検査と治療の計画を立てる
歯が何本ないのか、骨の硬さや位置など状態を詳細に診る必要があります。
その状態よって、治療方法、計画を立てていきます。
状態を多方面に渡り、つぶさに診るために、レントゲンCTを撮影し
医師が状態を把握し、患者に相談しながら計画を立てます。
その際費用の提示もある事が多いです。

②手術
歯茎の切開を行うため麻酔を使って手術します。
かかる時間は状態、本数によって異なりますが、
短くて30分、長くて2時間半程度です。
手術の治癒期間は3〜6ヶ月程度です。
※1次手術で終わる場合、2次手術が必要な場合があります。

③メンテナンス
通常の歯よりも細やかなホームケアが必要になります。
それによってインプラントの寿命も大きく変わってきます。
ほとんどの歯科医院では保証期間を設けていますが、
ケアを怠ると保証が利かない事もあるので、
入念にケアをしなければなりません。
入念なケアとは

•日頃の歯磨きを正しく丁寧に
•定期検診、クリーニング


歯科医院で歯磨きの仕方の指導を受け、
それに沿って毎日の歯磨きを丁寧に行いましょう。
そして忘れず定期検診を。

費用
okane
インプラント治療は、医療保険が使えません。
費用相場は1本あたり30〜40万程度です。
(費用相場の費用は、診察代、手術代、
インプラント歯の費用、メンテナンス代を含めた費用です)

インプラント治療の利点
ketudan
①通常の歯とほとんど変わらず噛める事
入れ歯は、噛む力がガクンと落ち、固い物を食べる事が難しくなるのに対して、
インプラント歯では噛む力はほとんど変わらず、食事を楽しむ事ができます。
「これは食べられるかな」「これは食べられないかしら」と
食事中にあれこれと心配する必要はないですし、
食べたい物をためらいなく食べられるということは幸せですね。

②他の歯の健康を保てる
入れ歯は健康な歯に金具で取り付ける為、
金具が取り付けられた歯を悪くする可能性が高いです。
それに対してインプラント歯は他の歯に負担がないため、
他の歯の健康状態を保つ事ができ、大切に守る事ができます。
1本でも自分の歯でいたい方には嬉しいですよね。

③見た目がキレイ
天然の歯と遜色ない見た目でですので、若々しく見えます。

インプラント治療の欠点
nayamu

①失敗するリスクを背負う事
骨に穴を空けるという大きな手術です。
手術に100%成功はないので、失敗するリスクがつきまといます。
死亡事故も発生し、昨今大きな問題として取り上げられています。
治療内容は外科手術的ですが、歯医者の資格にはそのような知識の有無は問われないため、
知識のない歯医者が氾濫し、そのような事故につながっているようです。

もしインプラント治療を受ける場合は何より
どこの歯科医院で行うか
が一番大切な肝となってきます。

信頼できる歯医者かどうか見極めるために、
セカンドオピニオンをつけるのも一つの手かもしれません。
歯科医院としては儲かる治療のため、積極的に勧められる可能性がありますが、
慎重に決断する事が賢明です。

②高額であること
保険適用対象外のため、全て自費での支払いとなります、
ローン等も組めたりするようですが、
何本も、となるとなかなか高額です。
メンテナンスにも必ず行き続けなければならず、
その費用も支払い続けなればなりません。

以上インプラント治療についてでした。

私自身調べていて思ったのは、
インプラントについてインターネットで調べるとほとんどが歯科医院のページです。
高額なので当然インプラント治療をしたいわけなので、
よーく注意して調べる必要があるように感じました。

骨に穴を空ける手術というのは体にも負担が大きいので、
慎重に決める事が大切ですね。

大切な歯をいつまでも大切に♪

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*