初夢の一富士二鷹三茄子には続きがあった!

Pocket

fuji
初夢はどんな夢を見ましたか?

初夢で見ると縁起が良いと言われる一富士二鷹三茄子。

なぜ縁起が良いと言われているのでしょうか?

また、一富士二鷹三茄子の続きがあるんです!
縁起が良いものが他にもあるので、
もしかしたらあなたの初夢にも出てきているのかもしれません。

「一富士二鷹三茄子」の由来、そしてその続きについてまとめてみました。

一富士二鷹三茄子の由来、その意味

ichifuji
何の脈略もないように感じる3つの縁起物。
初夢で見ると良い事が起きるものだと言われていますよね。
なぜ縁起が良いと言われる様になったのでしょうか。

一般的には、「富士(ふじ)」は「不死(ふし)」として不老長寿、
「鷹(たか)」は「高(たか)」「貴(たか)」として立身出世、
「茄子」はたくさん実がつくので子孫繁栄を表すと言われ、
大変縁起が良いと言われているのです。

そして他にも由来の説がいくつかあります。
実はこの3つの縁起物は徳川家康が治めた駿河国にあるものなのです。
「富士」は富士山のことで駿河国にあります。
「鷹」は愛鷹山と推測されこちらも駿河国にあります。
「茄子」は駿河国の名産品でした。
その上で2つの説があります。
①徳川家康が好んだ物の順番
②駿河国で高い(高さ、値段)ものの順番

天下を治めた家康にあやかりたいという人々の気持ちを
反映したものなのかもしれんませんね。

「一富士二鷹三茄子」そしてその続きは、、

chui
皆さん、「一富士二鷹三茄子」に続きがあるのをご存知でしたか?
その続きとは、
四扇五煙草六座頭(しせんごたばころくざとう)
と言われています。

こちらがなぜ縁起が良いとされているのでしょうか?
扇は広げた形が末広がりで子孫繁栄、商売繁盛。
煙草は煙が上に立ち昇るので立身出世。
座頭は毛がないので「怪我ない」で家内安全。

どれも割と身近にある物ですね。
是非次の初夢で見たいものですね。

スポンサーリンク