ツグミについて~生態、鳴き声、食用~

Pocket

冬の渡り鳥として知られているツグミ。
市街地でもよく見ることができるので、知っている人も多いかもしれません。
ぷっくりお腹で愛らしく、体の模様も美しいので、とても人気の鳥なのです。

ツグミはどこから来たのでしょうか?
どのような特徴を持っているのでしょうか?

ツグミについてまとめました!
tugumi
どこにいるの?(生息地について)
渡り鳥なので季節によって場所を変えています。春、夏はシベリアの中部~南部で卵を産み育て、10月頃に寒い冬を乗り越えるために、中国や日本へ渡ってきます。
日本に渡ってすぐは山や森に生息し、少しづつ市街地や田んぼや畑などの雪の積もっていない平地に生息しています。全国的に生息しており、住宅街などでも見られるため、代表的な冬の渡り鳥として知られています。
3月になり暖かくなり始めるころに、またシベリアに戻っていきます。

どのような特徴があるの?(生態について)
スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科に分類されます。
体長は約24cm。カラスが約50cmなので、カラスの半分くらいの大きさです。
色や柄は個体差が大きいですが、大きい特徴としては
●羽根の色は黒と褐色
●胸の辺りに淡い黄色
●腹部は白地に黒い斑点
が挙げられます。

雑食で、葉の下の虫を食べたり、果樹の果物を食べたりします。果樹の果物を食べるため害鳥として駆除されることもあるようです。

名前の由来
ツグミは繁殖の時期に、交尾の相手を見つける為に鳴き声を出します。日本にいる時期には繁殖せず、鳴き声を出しません。「口をつぐんでいる」その様子から由来しているそうです。

昔は食用だった?
昔は、食用として大量に捕獲されていたツグミ。一般的に焼き鳥にされていたとか。現在は狩猟は禁止されていますが、現在でも食べる習慣が続き密猟されていることもあるようです。

鳴き声
日本ではあまり聞くことのないツグミの鳴き声。交尾の相手を探す夏と違い、冬は地味な鳴き声です。


街中でも見かけるツグミを是非観察してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*