シロハラについて/生態、鳴き声、など

Pocket

冬の渡り鳥として知られているシロハラ。
市街地でもよく見ることができるので、知っている人も多いかもしれません。
ツグミやアカハラにもよく似ていますが、名前の通りお腹が白く、愛らしい鳥です。

シロハラはいつからいつまで日本にいるのでしょうか?
どのような特徴を持っているのでしょうか?
どのような鳴き声で鳴くのでしょうか?

シロハラについてまとめました!
shirohara
どこにいるの?(生息地について)
渡り鳥なので季節によって場所を変えています。春、夏は中国の東北地域やロシアで卵を産み育て、10月頃に寒い冬を乗り越えるために、日本(本州、九州)や中国、朝鮮半島へ渡ってきます。
日本に渡ってからは、積雪していない低地にいます。市街地や公園でも見かけることができるでしょう。

4月になり暖かくなると、また中国やロシアに戻っていきます。

どのような特徴があるの?(生態について)
スズメ目ツグミ科ツグミ属に分類されます。
体長は約25cm。カラスが約50cmなので、カラスの半分くらいの大きさです。
色や柄は個体差が大きいですが、大きい特徴としては
●全体的に灰褐色
●腹部は白色
●腹部が膨らみ、丸みのある体型
●薄い眉斑(眉毛のような模様)
が挙げられます。

雑食で、葉の下の虫を食べたり、果樹の果物を食べたりします。

鳴き声
シロハラの鳴き声。アカハラの鳴き声によく似ています。



市街地でも見かけるシロハラを是非観察してみてください。
ヒヨドリについての記事はこちらから
ツグミについても記事はこちらから

スポンサーリンク