プチ断食とは?初心者向けにやり方、食事、効果をご紹介

Pocket

最近「プチ断食」という言葉をよく耳にしませんか?

diet

「プチ」とつくだけで、なんだか気軽に始められそうですよね。

週末を利用して、美容や便秘、健康、そしてダイエットにも効果があるらしい、、と聞くものの



プチ断食って何?

やり方が分からない!

食事はどうするの?

効果はあるの?

リバウンドするんじゃないの??



そんな疑問にお答えします。
プチ断食とは    
1〜3日程度断食することを「プチ断食」と言います。
断食の間は、食事はせず、水分補給のみです。

断食は、「体の機能をリセットする!」と言われています。断食することによって、普段食事の際に使われる「消化、吸収」のエネルギーを使う事なく、胃腸を休める事ができ、そのエネルギーを「排出(デトックス)」に使う事ができます。

普段溜まった毒素を体の外へ排出する事により、体本来の機能を取り戻す事ができるのです。

長期にわたって断食するには、専門家の指導の元で行わないと危険を伴いますが、

数日の断食では短い期間なので初心者でも行いやすい断食です。

また週末に行えるので、仕事、勉強等に支障なくできるので流行っているようです。
「食べれない」事によるストレスも軽いので、精神的負担も少なく手軽に始めやすいです。



メリット    

①ダイエット効果が期待できる

断食をすることで、摂取カロリーが減るので、その分体重が減ります。

また、普段お腹に溜まって出て来ない「宿便」が出やすくなります。
食事をすることで、働く胃の動きを、便を排出する力に集中させることができるため、通常200〜2000gほど溜まっている宿弁を排出し、その分体重が減ります。



②美容効果が期待できる

断食をしてデトックスをする事で、体の内側(内臓)が美しくなります。

体の内側が綺麗になると、肌も必然的に綺麗になります。
肌荒れ、ニキビ、吹き出物など、体の毒素によって引き起こされる肌トラブルに効果的だと言われています。



③健康面での効果が期待できる

断食をすると、普段忙しく働いていた臓器を休める事ができます。
臓器を休ませることで、本来の機能を回復させる効果があります。





プチ断食のやり方

断食では、断食前後の食事が成功するかどうかの肝となります。
ポイントを抑えないと、体調不良やリバウンドの元となりますので、正しいやり方で行いましょう。



断食前日

消化が悪いものや胃に負担のかかる食事は避けましょう。
例えば、脂っぽいもの、辛いもの、冷たいものなど。
昼食から、徐々に量を減らし、夕食は通常の半分の量を目指しましょう。

また、お酒、タバコもNGです。

夕飯は特にメニューに気をつけましょう。
おすすめメニュー例:とろろうどん、おじや、野菜スープ、スムージーなど



断食中


水分はこまめに充分に取りましょう。空腹をごまかすのにも効果的です。

どうしてもお腹が空いてしまったら、無理せずスムージーなど消化に良いドリンクを飲むのがおすすめです。
レシピはこちら↓
断食1日目のグリーンスムージーの作り方





断食後(回復食)

ここが一番重要なポイント!
なぜなら、リバウンドするかどうかは断食後の食事にかかっています!!

まず、固形物は避け、スープやスムージーなど流動状の食事からスタート。

徐々に通常の食事に戻すのですが、ポイントは通常食に戻すタイミングを断食と同じ時間かけること。

つまり、1日断食したら1日かけて通常食に、2日断食したら2日かけて通常食に戻してください。





以上、プチ断食についてでした。

スポンサーリンク