あじさいの種類

Pocket


青々しい葉の中に、鮮やかに美しく咲くあじさい。梅雨でどんよりした気持ちを明るく楽しませてくれます。雨の中で咲くあじさいは趣深いものです。まさに日本の梅雨の風物詩とも言えます。

道々で咲くあじさいをよく見てみると様々な咲き方をしています。どのような種類のあじさいがあるのでしょうか?人気の品種も合わせてみていきましょう。

スポンサーリンク

あじさいの種類

あじさいはなんと日本が原産です。原産国である日本には約50種類のあじさいが生育しています。世界でも人気になり、品種改良が進み世界では約100種類を誇っています。
そんなあじさいの大きく二つに分けられます。「ガクアジサイ」、「ホンアジサイ」です。

ガクアジサイ


あじさいの花に見える部分は「額」です。そしてガクアジサイは漢字で書くと「額紫陽花」という名の通り、額に花が囲まれたように咲いているのがガクアジサイなのです。
あじさいの原種だと言われているのがこのガクアジサイです。控えめに咲く姿が何とも日本らしいです。

ホンアジサイ


今では一番目にするのがこちらのホンアジサイではないでしょうか。丸く花が集まって咲いているように見えるのが特徴です。以前はホンアジサイがあじさいの原種だと考えられていたため、このような名前になったそうです。

人気の品種

最近では母の日、父の日などに贈るなどプレゼントとしても人気の高いあじさい。どのような品種があるのでしょうか。

万華鏡(まんげきょう)


砂糖菓子で作られたかのような繊細な美しさの万華鏡。きめ細やかな美しさでプレゼントに選ばれる方も多いそう。通常のあじさいと比べて、約2倍ほどの売値でちょっと高級なあじさいです。
人気の万華鏡はこちら

アナベル


アナベルは白くて柔らかくて繊細な印象。それは、一つ一つの花が小さく丸く集まって咲いているからです。よくお洒落なカフェやレストラン、素敵な家の庭先で見かけることが多くなりました。花言葉は「ひたむきな愛」。白く可憐に咲く姿から、一途な気持ちを表したようです。

秋色あじさい

アンティークな色合いの秋色あじさい。以前は夏に咲いた鮮やかなあじさいが、秋になりかれる前の落ち着いた色合いのことを、「秋色あじさい」と呼んでいました。今は品種改良が進み、最初からアンティークカラーで咲きます。

おわり

あじさいは日本が原産ということにはとても驚きました。あじさいと言っても、品種改良によってたくさんの品種があって、それぞれに違った魅力がありますね。個人的には秋色あじさいが名前も見た目も気になったので、花屋さんに寄って見てみようと思います。