アオリイカの釣り方(仕掛け、釣り場、シーズン)

Pocket


なかなか手に入らない、とっても美味しいアオリイカ。スーパーではなかなか見かけず、高級なイカとして名が高いですよね。そんなアオリイカを釣りたい人も多く、釣り人にとても人気が高いです。

アオリイカはよく一年中釣れると言われていますが、本当でしょうか。せっかく狙いを定めるなら、ベストシーズンで、適切な仕掛けを使って、高い確率で釣りたいものです。今回はアオリイカの仕掛け、シーズン、釣り場をご紹介します。

シーズン

アオリイカは1年中いると言われていますが、特に釣りやすいベストシーズンと言われているのが春(3~6月)と秋(9~12月頭)と言われています。
大きいアオリイカを狙いたい場合は春がおすすめです。親イカが産卵シーズンで大きいアオリイカが釣れる可能性が高いです。
一方秋は春に産卵した子イカが大きくなり釣りやすくなるシーズンです。春に釣りやすい親イカに比べると小ぶりの子イカ。ただ数が多いため、秋には釣りやすいと言えます。

仕掛け


アオリイカの仕掛けは、釣り場によっても異なっています。岸釣りの場合は、エギングか餌釣り(ヤエン)、船釣りの場合は、エギングと言われています。




ルアー(エギ)の選び方

アオリイカの釣り方として一番ポピュラーなエギング。ルアー(エギ)を使って行います。どのようなルアーを使うかが釣れるかどうかの大きなカギとなってきます。ルアーの選び方をご説明します。

ルアーの色

最も重要だと言われているのが色選びです。まずは釣る時間によって使い分けましょう朝から昼の太陽が出て明るい時間に行う場合は、明るい色のルアーを選びましょう。夕方から夜にかけて釣る場合は、暗めのトーンのルアーを選びましょう。
次に見なければいけないのは海の透明度です。透明度が高い場合は明るめ、透明度が低く濁っている場合は昼でも暗めのルアーで試してみましょう。

ルアーの大きさ

アオリイカは釣るシーズンによって大きさが変わります。アオリイカは自分の大きさの約1.5倍までを餌と認識することが多いです。3~6月は親イカのシーズンなので大きいイカが釣りやすいため、大きめのルアーを用意しましょう。目安としては4.0号サイズがおすすめです。9~12月は子イカのシーズンです。小さめのイカが釣りやすいので、小さめのルアーを用意しましょう。3.0号サイズがおすすめです。

ルアーの重さ

ルアーの重さは、深い場所で狙うか、浅い場所で狙うかで変わってきます。3~6月は親イカのシーズンは深い場所に生息していることが多いので重めのルアーを選ぶことをおすすめします。9~12月は子イカのシーズンで浅いところに生息することが多いので軽めのルアーをおすすめします。ルアーの大きさによっても重さは変わってきますが、メーカによっても重さが違うのでサイズだけでなく、重さにも着目してルアーを選びましょう!

餌釣りでの仕掛けの選び方

アオリイカはエギングが手軽でポピュラーですが、餌釣りも食いつきがよいと言われています。餌釣りの場合、釣り糸の下に餌を付け、餌に食いついたアオリイカをヤエンと呼ばれる仕掛けを下ろし引っ掛けて捕まえます。

餌釣りに使う餌

アオリイカの場合は一般的にアジを使います。出来たら、活きたままのアジが良いとされていまる。釣り場で釣ったアジを餌にするのが理想的です。アジが釣れなかった場合は、ネンブツダイ、スズメダイ、イサキの子、ベラなどで代用しましょう。

釣り場

季節によって親イカ、子イカと釣れるものが違うので、それと同時に生息場所も異なり、釣り場が変わります。大きく親イカが釣れる春、子イカが釣れる秋と分けてご説明します。

春に釣る場合

春は親イカが産卵するシーズンです。アオリイカは海藻の中で産卵することが多いため、海藻が多いところに生息することが多いです。海藻が多いところにポイントを絞ってみましょう。
さらに、沖合いから釣り座にぶつかってくる潮の流れがある場所(潮当たり)には豊富なプランクトン、小魚が多く、アオリイカがいる可能性も高くなりますので、海藻が多い場所と合わせて探してみましょう。

秋に釣る場合

秋は子イカのシーズン。親イカが生息する海藻が多い場所に生息するとは限りません。テトラや船付近など障害物が多くある場所の浅い場所に生息することが多いです。潮当たりにもいる可能性が高いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*