朝顔について(種類、育て方など)

Pocket


夏の風物詩でもある朝顔。淡い色に綺麗に丸く咲く姿に夏の訪れを感じずにはいられらません。浴衣の模様にも使われることが多く、日本らしさを感じる花でもあります。
また、小学生の時に育てたことがある方多いのではないでしょうか?
朝顔のについて、歴史や種類、育て方をご紹介します!

スポンサーリンク

朝顔とは

朝顔は日本古来の植物のように感じますが、どのような歴史があるのでしょうか。またどのような種類があるのでしょうか。朝顔についてもっと知識を深めましょう!

朝顔は日本の夏の風物詩でもあるので、日本原産だと思われがちですが、実は日本が原産ではありません!中国原産です。
奈良時代末期から平安時代初期にかけて、中国から日本に薬草として伝わったとされています。薬効は弁を柔らかくするため、下剤として使用されていたようです。
そのうち観賞用としても愛されるようになり、他国では進まなかった品種改良が、日本でどんどん改良が進みました。
名前の由来は二つの説があります。一つが朝咲いて夕方には閉じてしまうことから、二つ目は朝の女性の美しい顔のようだからという説です。

朝顔の種類

朝顔は世界で1600種類あります。大きく分けると、日本朝顔西洋朝顔があります。見た目はさほど変わりません。葉に毛が生えているのが日本朝顔、生えていないのが西洋朝顔と覚えておくと見分けられます。日本朝顔は7月、西洋朝顔は8月に咲くので、時期によっても区別できます。
朝顔の有名な品種は、ヘブンリーブルー、曜白、昼顔などがあります。

朝顔の育て方


準備するもの、種まきの時期

■必要なもの
・種まき用の土
・軽石(プランター、鉢植えの場合のみ)
・液体肥料
■種まきの時期
4月下旬~6月中旬が最も適した時期だと言われています。

種まきの手順

➀アサガオの種の表面をとがったもので少し傷つけます。
➁10時間~15時間程水に浸けます。
③鉢やプランターの底に軽石を敷きます。(水はけを
④軽石の上に土を十分入れます。
⑤指で3~5cm程穴をあけて種を置き、軽く土を乗せます。

芽が出た後の手入れ

・土が乾いたら水をあげます。タイミングは朝夕。
・1鉢に1株、プランターなら4〜5株を残して、他の芽は間引きます。
・双葉が開いたら、一回り大きな鉢に植え替えます。
・本葉が10枚ほどになったら、新芽を切り取り、切った部分から伸びてきた芽を3本ほど伸ばしましょう。それ以外の芽は切り取りましょう。
・つるが30cmほど伸びたら支柱を立て、先を少し支柱に巻き付けます。