カリフラワーとブロッコリーの違い、レシピ

Pocket

kariflower

最近スーパーでカリフラワーとブロッコリーをよく見ませんか?

そう、11月〜旬だと言われているこの二つの野菜。

見た目はとっても似ています。

それもそのはず、カリフラワーはブロッコリーが突然変異したものと言われていて、親戚なのです。



名前も色も違うけれど、どう違うの?

栄養は?

料理方法も違うの??



そんなあなたに、今日はカリフラワーとブロッコリーの違いと特性を生かしたレシピを徹底究明。



栄養面での違い

ビタミンB、ビタミンC、食物繊維、鉄分など基本的にあらゆる栄養価においてブロッコリーの方が高いです。

茹でてしまうと、大差はないようですが、栄養面を重視するなら、ブロッコリーがおすすめです。

カロリーはカリフラワーの方が2割程少ないので、ダイエット中の方はカリフラワーがおすすめです。

どちらもビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので、風邪予防など健康管理や、美容にも最適です。



調理方法の違い

どちらも下茹でして、調理する事が多いですよね。

ブロッコリーもカリフラワーも茹で時間に大差はありません。

茹で時間2分半程と言われていますが、火加減や鍋によっても変わってくるので、

房が回転し始めたら茹で終わりの目安として下さい。

ただ、茹で方には違いがあります。

●ブロッコリー(茹で時間の目安:2分半)

塩水で茹でる。(水1ℓに対して塩小1)

●カリフラワー(茹で時間の目安:2分半)

塩に加えて小麦粉もしくは酢を入れた水で茹でる。

(水1ℓに対して塩は小1、小麦粉もしくは酢は大1)



カリフラワーは茹でるとアクが出やすいため、小麦粉や酢を入れます。

小麦粉を入れると表面が覆われて、口当たりが良くなるそうです。



また、ブロッコリーは茎にも栄養素が多く含まれているので、茎も是非活用してください。カリフラワーは茎は食べられませんのでご注意を。



おすすめのレシピ

二つの野菜は見た目は似ていますが、味はそれぞれ特徴があります。

ブロッコリーは青野菜の味で、カリフラワーは淡白な味。

それぞれの味に合ったおすすめレシピをご紹介します。

●ブロッコリー

家にある材料でビストロ風!ブロッコリーとじゃがいものイタリアン♪ここをクリックでレシピへ

burokkori
栄養いっぱい茎を活用!ブロッコリーのきんぴら!ここをクリックでレシピへ

burokkori2

●カリフラワー

離乳食にもおすすめ!優しい味のカリフラワーのポタージュ♪ここをクリックでレシピへ

karihurawa

カリフラワーといえば王道はピクルス!ここをクリックでレシピへ

karihurawa2



栄養いっぱいの二つの野菜。是非ご家庭のテーブルに出してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク