アドベントって何?アドベントの楽しみ方

Pocket

この時期、「アドベント」という言葉をよく耳にしませんか?
クリスマスにまつわる言葉だとは知っていても
何のことなの?と私も思っていました。

今回はアドベントについて調べてみました。

アドベントとは?
キリストの再誕(クリスマス)を待つ準備期間の事をアドベントと言います。
大体この時期からクリスマスに向けて、ツリーを出したり、リースを飾ったりして準備をし始めます。
日本語ではアドベントの事を「待降節」「待誕節」「降臨節」などと呼び、
キリスト教の宗派によって呼び方が違うようです。

日程で言うと11月30日から一番近い日曜日を指すようで、日程はこちらになります。

2015年 11月29日
2016年 11月27日
2017年 12月3日
2018年 12月2日

アドベントの楽しみ方
クリスマスのイルミネーションが飾られて、クリスマスムードの高まる街の様子を見ると、心も弾むものです。
せっかくだったら、クリスマス当日だけではなく、準備期間であるアドベントも楽しみたいもの。
今回はアドベントの楽しみ方をいくつかご紹介致します。

①アドベントカレンダー
こちらは、12月1日からクリスマスまで日にちの描かれた小箱がありお菓子が入っています。
1日ずつその小箱を開けてクリスマスを楽しみに待ち望むカレンダーなのです。
12月全体が楽しくなりそうですね!

②伝統のクリスマス菓子を食べる
伝統のクリスマス菓子と言えば「シュトーレン」!私も大好きです。
ドイツ発祥のお菓子で、ラム酒につけた果実やナッツなどを混ぜて焼き上げ
粉砂糖をまぶしたパンとケーキの中間のようなお菓子です。
なぜクリスマスのお菓子なのか?
それは、その楕円の形にあります。楕円の形はキリストのおくるみに例えられているそうで、
クリスマスにこのお菓子を食べ、キリストの再誕を待つそうです。
1ヶ月以上日持ちする事が多く、本場ではアドベント期間に少しずつ食べるそうです。
日持ちもして、季節ならではなので、今の時期の手土産にしても喜ばれそうですね。

③アドベントティーを飲む
アドベント期間中に飲むアドベンティーを飲むのも伝統です。
赤い紅茶の色が、クリスマスを連想させてわくわくしてしまいますね!
以上アドベントについてでした。
楽しいアドベントをお過ごしください!

スポンサーリンク